Gallion Introduction ドップラーライダー Gallion 風況調査 洋上風力エネルギーソリューション 未来のエネルギーを開発

風力発電事業におけるドップラーライダー

ドップラーライダーによる風の測定によって、これまでタワー観測では得ることができなかった情報を得ることができます。 風力発電事業において、不確実性を減らして、経済性が高い効率的な運用を行うためには、従来どおりの方法からの転換が必要です。 建設後にマイナスの結果をもたらすような事態にならないよう、ドップラーライダーによって建設前に必要なデータを取得することができます。

ドップラーライダーGalionとは?

製品について

s

ガリオンライダーは水平照射可能なレーザーを用いて、遠隔地の風の計測が可能なドップラーライダーです。4つの独立機関から認証を受けています。<⇒独立機関について>

  • ・SgurrEnergy社(英国)製

    http://www.sgurrenergy.com/

    SgurrEnergy社
  • ・Galion G4000 仕様

    測定距離 80m〜4000m
    測定点数 130点
    解像度 30m
    精度 ±0.1m/s
    測定範囲 0〜70m/s


ガリオンライダーの仕組み

ガリオンライダーはパルス式ドップラーライダーシステムです。風によって運ばれる空中の粒子(エアロゾル)をドップラーライダーから発せられる光の反射によって測定します。

図)ガリオンライダーの仕組み

反射された光の周波数変化(ドップラーシフト)により、風のデータを算出します。


ガリオンライダーの測定範囲

二軸のスキャナーヘッドを搭載しており、4km以内の半球の中のどのポイントも計測可能です。

図)ガリオンライダーの測定範囲

発射された光線はプログラム化されたスキャン動作で、測定方向、距離を定めて、風況観測対象地の風況データが取り込まれます。

斜め照射・スキャン動作することで、風況データを面的に測定できます。1000m以上の測定が可能です。
  • 斜め照射・スキャン動作することで、風況データを面的に測定できます。
  • ローカルマスト
  • リモートマスト
  • 水平方向のマッピング
  • 垂直方向のマッピング
  • 従来の観測タワー代わり
従来の観測タワー代わり

ガリオンライダーを用いた事例紹介

ガリオンライダーは、以下を得意とします。

  • 風況解析
  • 風力発電所の風車配置の最適化
  • 風力発電機発電量パフォーマンス分析
  • 風況モデル検証、較正

ガリオンライダーを用いることで、他にも下記の調査などを行うことができます。

  • 地形による影響調査
  • ウィンドシアマッピング
  • 集光スキャン配列
  • ウェイクの計測

ガリオンライダーのデータ利用

ガリオンライダーのデータを利用することで、下記のようなことが可能になります。

  • これまでの計測では得られなかった情報を得る。
  • これまで推測していた情報を、計測データから実際のプロジェクトの情報を得る。
  • トラブルの原因を解決するために、実際に計測されたデータを用いて検証を行う。

ドップラーライダーGalionの活用は、下記の機関から信頼を得ています

  • 金融機関
  • 認証機関
  • 大学、研究機関
  • 風力発電事業者
  • 風車メーカー
  • コンサルタント