menu
気象・海象調査 洋上風力エネルギーソリューション 未来のエネルギーを開発

気象・海象調査  Research

気象・海象調査  Research

風況調査

ドップラーライダーによる風の測定によって、タワー観測では得ることができない情報を得ることができます。風力発電事業において、不確実性を減らして、経済性が高い効率的な運用を行うためには、計画から運用段階の長期にわたり、設置海域の精度の高い風況調査が必要です。ドップラーライダー等による最新の調査手法を用いて必要なデータを取得します。
風況調査
  • ドップラーライダーによる風況調査

    • - 気象マストに比べて低コストで社会的・自然的制約が小さい
    • - 気象マストより高高度の観測が可能
    • - 海岸から洋上の観測点までの距離が比較的近い距離(~3 km)の観測が可能
    ドップラーライダー Streamline ドップラーライダー ZX300M ドップラーライダー WindCube Scan 200S ドップラーライダー ZX TM

    ドップラーライダーによる風況調査

  • フローティングライダーによる気象・海象調査

      洋上風況観測用のブイで、沖合での風況観測、海象観測を実現します。
    • - 気象マストに比べて低コストで社会的・自然的制約が小さい
    • - 海岸から比較的遠い沖合でも観測可能
    フローティングライダー AXYS フローティングライダー EOLOS

    フローティングライダーによる気象・海象調査

  • 気象観測塔(気象観測マスト)

    観測用タワーは、登録適合性確認機関のガイドラインに準拠したデータを得られるよう設計、建設いたします。

    気象観測塔(気象観測マスト)

    気象観測塔(気象観測マスト)

海象調査

洋上風力発電事業の設計要件に資するデータや、漁業に関するモニタリングなど各種海洋に関する調査を実施し品質管理したデータを提供します。さらには各種データを利用した解析業務を通じて、コンサルティングを行います。

海象調査 海象調査 ADCP波浪システム 海象調査 TRYAXYS
海洋調査・シミュレーション

フィールドテストセンター事業

日本気象は正確な気象観測を行うために、必要となる気象測器機器の精度評価をする試験サイトを設けています。

フィールドテストセンター フィールドテストセンター
フィールドテストセンター事業

データ解析・シミュレーション

洋上風力発電の設置海域において、観測データを元に数値シミュレーションを実施することで、広域の面的な風況データを取得します。開発サイトの風向・風速などの風のパターン分析や、風車を配置することで生じる後流の影響などの評価に用いることが可能です。

  • WRF、MASCOT、RIAM-COMPACT、OpenFOAM、その他手法
  • 風況データベース
  • 調査データ処理・解析・レポート
MASCOTによる解析イメージ
MASCOTによる解析イメージ
RIAM-COMPACT®による解析イメージ
RIAM-COMPACT®による解析イメージ
データ解析・シミュレーション 風車と計測したウェイクの断面図
RIAM-LESモデルによる拡散シミュレーション
RIAM-LESモデルによる拡散シミュレーション
海象シミュレーション
海象シミュレーション

お問い合わせ

サービス、製品に関してのご質問・お問い合わせは、日本気象まで。

お問い合わせ | 日本気象株式会社