ごあいさつMessage

Earth Communication Provider 気象と生活を結ぶ。災害から人を守る。そこに、日本気象がいます。地球温暖化による地球規模で広がる気候変動、エネルギー問題に対して積極的に取り組みます。

代表ごあいさつ

私たちが暮らす日本列島は南北に長く、四方を海に囲まれ、
雄大な山々や自然豊かな川が流れる、四季の移り変わりのある美しい国です。
その豊かな環境が織り成す自然は、私たちの暮らしに穏やかで潤いのある空間をもたらします。
その一方で、季節特有の気象災害という厳しい側面も持ち合わせており、
梅雨時には大雨による洪水や土石流が起こり、夏から秋にかけては台風が来襲し、冬には豪雪となります。
また、日本の地下には4つの岩盤からなるプレートがあり、たびたび地震が発生します。
その他にも津波、噴火、竜巻、落雷、雪崩など、その位置、地形、地質、気候などにより
様々な気象現象が日本各地で被害をもたらします。
このような気象災害、時には広域に及ぶ巨大災害に対して、
私たち日本気象株式会社は“ E a r t h C o m m u n i c a t i o n P r o v i d e r ”として
2 4 時間3 6 5 日休むことなく空・海・大地の変化に注意を払い、
人々のかけがえのない命と大切な財産の保全に努めています。
また、地球規模で広がる気候変動やエネルギー問題に対しても積極的に取り組み、
自然エネルギー活用型社会の推進をはじめ、地球環境や社会の安全・安心に貢献してまいります。
どうぞ今後とも、皆様のより一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

日本気象株式会社
代表取締役 鈴木正徳



地球温暖化による気候変動、自然災害