気象システムインテグレーションIntegration

日本気象が有する気象予測技術、観測技術、そして気象システムの技術のノウハウ活かして、お客様が必要とする気象システムの企画立案から構築・運用までをトータルにサポートします。

気象システムインテグレーション

サービス概要

▼ 例えばこういったシステムをお作りします

気象システムインテグレーション

雨量監視警報システム

洪水や浸水、土砂災害の危険をいち早く察知するための雨量監視警報システムを制作します。
雨量計が一定の基準値を上回った場合にメールやパトランプ等で警報をお知らせします。
日本気象では、雨量計の設置から雨量データ管理、モニタリング、警報のシステム構築、および雨量計とシステムの保守運用まで、トータルにお引き受けいたします。

防災メールシステム

地震情報や大雨警報などをメール配信して、職員参集や安否確認に利用するアラートメールサービスを、より企業の体制にマッチした専用の防災メールシステムとして構築します。
企業の組織構成に合わせた部署毎エリア毎の配信や、気象条件の詳細な設定など、より高度なメール配信を可能とします。
大規模な高速配信が可能な当社の防災用メールエンジンを活用して、高品質かつ高機能な防災メールシステムを提供します。
サービスに関しての、より詳しいご質問・お問合せはこちら