スマートエネルギーサービスNatural Energy

利用事例

スマートコミュニティ

スマートエネルギーサービス

目的

家庭、商業施設、工場、ビル内の電気の需給(予測)制御
<各施設内でのエネルギー利用の最適化>

活用フィールド

■スマートコミュニティ(CEMS)
■スマートハウス(HEMS)
■スマートビル(BEMS)

気象情報の活用内容

バッテリースケジューリング
気象予測(日射量予測)を利用し太陽光発電量予測をし、バッテリーの充放電スケジューリングを行う。
例)晴れが予想される場合は、系統からの夜間電力の引き込みを控え太陽光パネルの発電に備える。

需要予測
気象予測(気温、湿度)を利用し、電気の利用見通しをする。

電気使用量の見える化
気象情報(気温、湿度)と使用電力のレイヤ表示

ビルなど
熱源管理 / 蓄熱式空調(蓄熱量コントロール)/ 熱負荷予測

活用(業種・プロジェクト)

■スマートコミュニティプロジェクト
■家電メーカー
■ハウスメーカー
提供実績