気象予報監視サポートSupport

利用事例

スキー場・ロープウェイなど索道施設の強風・雷対策

気象予報監視サポート
索道施設では強風はもとより、雷も大きなリスクになります。
索道施設にとって、安全面、営業面ともに大きな影響を与える強風と落雷。
特に天気変化の激しい山間部では、テレビやインターネットの天気予報で的確な状況を把握することが難しく、地域特性が考慮されたより詳細でリアルタイムな気象予報が求められます。

山間部の変わりやすい風の動きを捉える!施設付近の風予測

そこで、日本気象では索道施設付近で地形などを考慮した風速を予測します。
強風の度合いやピークを一目で把握できるため、一日の索道の運行の目安として、お役立ていただけます。

危険時は気象予報士が緊急連絡!施設周辺の落雷監視

また、索道施設周辺の雷雲発生状況を日本気象の予報センターで気象予報士が常時監視。
落雷の危険性が高まった場合に、気象予報士がお客様へ緊急連絡いたします。
あわせて、事前に発雷の可能性を定時情報として入手することで、対策をたてることも可能です。
監視情報と合わせてご活用ください。

他にも役立つ情報群

その他にも、スキー場の人工降雪機(スノーガン)稼動の目安となる寒気や湿度の予測、植物の管理に有用な気温の予測、来客予想の目安となる週間天気などの提供も可能です。
利用事例