気象予報監視サポートSupport

利用事例

港湾荷役の降雨対策

気象予報監視サポート
荷役等で雨に濡らしてはいけない商品を取り扱う場合は、ほんの少しの雨でも非常に大きなリスクになります。
インターネット等でレーダーによる降雨の状況を常時監視すると人件費が増加する上に、専門的な知識がないと雨の接近を見逃すおそれもあります。
また、レーダーに映らないような雨をはじめ、全ての雨を防ぐためには、レーダー上では分からない雨の接近を捉える専門的な知識が必要となります。

ぱらぱら程度の雨も見逃さない!施設への降雨接近を監視

日本気象の予報センターに常駐する気象予報士が、365日24時間、施設付近の雨雲状況を監視します。
気象レーダーの利用をはじめ、目に見えない大気の状態や雲の流れも予測することで、空の見えない夜間でもいち早く雨雲の発生や接近を察知。
お客様へ迅速に情報をお伝えします。

スケジュール管理に最適!翌日までの降雨見通しを予測

翌日までの1時間毎の降水確率や降雨の強さ、雲の流れなどを予測して提供。
作業の計画にお役立て頂くことも可能です。
利用事例