気象予報監視サポートSupport

利用事例

船の運航や港湾管理、海上工事の波浪・風・濃霧対策

気象予報監視サポート
海上での作業では風はもとより波や濃霧も大きなリスクになります。
海上を運行する船舶では、変化する気象状況はときには非常に大きなリスクとなります。
また、港湾作業では陸上よりも強風のリスクが高く、波浪とあわせて安全面だけでなくそれに関わるコストの面でも管理者へ大きな影響があります。
これらのリスクやコストを回避・削減するためには、現場の地形や特性を考慮した気象・海象予測情報が重要な鍵になります。

気象予報士が365日24時間気象状況を監視。

定時にご希望の海域の時系列気象・海象予測を配信するだけではなく、日本気象の予報センターに常駐する気象予報士が、365日24時間、気象状況を監視し、予測とずれがある場合などでは電話により最新の状況をお伝えすることも可能です。

港内も沖合も対応!波浪&風予報

港施設など沿岸部から数十km先の沖合いまで、様々な海ポイントの時系列波浪予測や風予測を提供します。
運航管理における高波や暴風の事前把握、港湾作業の安全管理等にお役立て頂けます。

濃霧情報の緊急連絡も!海上警報のメール通知サービス

特定の海域に海上濃霧警報が発表された際、お客様の携帯電話やPCに緊急メール配信致します。
濃霧による狭視界時の海難防止にお役立て頂けます。
利用事例