気象予報監視サポートSupport

利用事例

停電を防ぐための雷対策

気象予報監視サポート
製造業など大きな工場での停電では製品の品質低下の大きなリスクになります。
落雷によるほんのわずかな電圧の低下(瞬低)やわずかな時間の停電(瞬停)は、IT化が進んだ工場ではさまざまな設備に大きな影響を与えます。
事前に落雷の可能性をキャッチして自家発電設備に切り替えることで、このようなリスクは回避可能です。
日本気象の予報センターに常駐する気象予報士が、365日24時間、工場付近の雷の状況を監視して、落雷の可能性がある場合は迅速に情報をお伝えします。
あわせて、定時情報で発雷の可能性を事前に把握することで、事前に対策をたてることも可能です。
監視情報と合わせてご活用ください。
利用事例