気象予報監視サポートSupport

利用事例

停電(瞬低・瞬停)を防ぐための雷対策

気象予報監視サポート
製造業など大きな工場での停電では製品の品質低下の大きなリスクになります。
落雷によるほんのわずかな電圧の低下(瞬低)やわずかな時間の停電(瞬停)は、IT化が進んだ工場ではさまざまな設備に大きな影響を与えます。
事前に落雷の可能性をキャッチして自家発電設備に切り替えることで、このようなリスクは回避可能です。
日本気象の予報センターに常駐する気象予報士が、365日24時間、工場付近の雷の状況を監視して、落雷の可能性がある場合は迅速に情報をお伝えします。
あわせて、定時情報で発雷の可能性を事前に把握することで、事前に対策をたてることも可能です。
監視情報と合わせてご活用ください。

落雷モニタリングサービス

落雷モニタリングサービスは、落雷状況をマップ上に表示し、指定した範囲で発生した落雷を自動検知・通知する、雷の動きを随時監視するシステムです。 気象予報監視サポートと組み合わせたご利用も可能です。
落雷モニタリングサービス

落雷モニタリングサービスの特徴

1.指定した範囲の落雷を監視し、メール連絡します。

接近する落雷情報を事前に知ることでリスクを回避します。

2.監視範囲は、送電線網などを網羅する矩形や同心円など、希望の設定が可能。
さらに注意エリア、警戒エリアなど複数段階の範囲設定もできます。

マップ上では、落雷(対地放電と雲放電)の発生を、リアルタイムに監視することができます。
落雷情報は、気象庁の雷監視システムLIDEN(ライデン)により観測された空中放電、対地放電データを利用しています。

3.60分前から現在の落雷地点の変化をマップ上で確認することができます。
モニタリング画面は、複数の端末からアクセスが可能です。

活用事例

・製造業など工場での瞬低・停電対策、自家発電の運転準備
・屋外での建設工事作業やイベント開催の安全管理
利用事例