HOME >  お天気学園で学ぶメリット >  合格者の声 >  合格者の声(通学講座 完全学習コース)

合格者の声 合格者の声一覧

いい先生に出会えたことが何よりも良かったこと。実際の予報士ならではの授業が楽しく、難解な公式もかみ砕いて説明してもらいました。

Kさん  33歳男性
通学講座 完全学習コース終了

気象予報士の勉強を始めたきっかけは?

気象予報士の勉強を始めたのは、台風など天気によって、仕入れが左右される仕事をしているので、気象に関して興味を持ち始めたのがきっかけです。

合格につながった秘訣とは?

勉強は、復習中心で講義内容を繰り返し覚え、更にノートへ書き込むことにより、ノートを充実させていきました。あとは過去5年間の過去問を繰り返し解いたことです。
また毎回の講義時に、普段は見慣れない専門の天気図が配られるのですが、その解説を聞くうちに、いつの間にか天気図に慣れ親しむことができたのも良かったです。

日本気象の講座を受講して、良かった点は?

難しい数式なども、独自の教科書で無学な私にも分かりやすい内容でした。
独学で勉強しても全く芽が出なかった私が、こうして合格できたのもこちらの講座に出会えたからだと思っています。
しかしそれにも増して良かったのは、いい先生に出会えたことです。普段聞きなれない用語や難解な公式をできる限り噛み砕いて平易な言葉で説明してもらったり、時に単調になりがちな講義も実際の予報士ならではの話題を織り交ぜながら、楽しく聞くことができました。

勉強で苦労した点は?

一般知識では熱力学、専門知識では数値予報、実技では独特の用語に苦労しました。 それでも、少人数制なので分からない個所があれば、遠慮なく聞くことができたのも良かったです。

受験・合格を振り返って

今回の試験では、模範解答例のような解答はできず、実技2では時間も足りなかったので、今回はダメかと思っていました。もし不合格なら、次回の試験は最初に部分合格した一般知識の範囲が復活するところだったので 、合格通知が届いたときには本当にうれしかったです。
最後に、気象の世界は間口が広いので取っ掛かり易く、天気図などを見るのも分かってくれば楽しいのですが、その間口が広い分、奥が深いということが勉強を通じて知ることができました。 今後は、奥が深いその魅力を少しでも追究できればと思っています。

 
メインコンテンツに戻る