HOME >  お天気学園で学ぶメリット >  合格者の声 >  合格者の声(通学講座「総合学習コース実技」、「ステップアップコース」)

合格者の声 合格者の声一覧

気象に関する知識はもちろん、合格に必要なキーワードや解答の書き方など、本当に丁寧に教えてもらいました。

兵庫県在住Oさん  27歳男性
通学講座「総合学習コース実技」、「ステップアップコース」終了

気象予報士の勉強を始めたきっかけは?

いわゆる理系と呼ばれる分野について、もともと興味がありました。 その中でも気象予報士は、合格率が低く難しい資格であると聞いていました。でも私は、逆に難しいからこそチャレンジしがいがあるのではないかと思うようになり、資格をとろうと決意しました。

合格につながった秘訣とは?

まず、自宅での学習ですが、講座内で配布されたテキストなどを「1日最低1ページ以上は勉強する!」と決めました。私は仕事の関係上、帰宅時間が遅くなる日が結構あるのですが、少しずつでも毎日勉強していきました。本当に1ページで眠ってしまったことも何度もありましたけど(笑)。今思うと本当に継続は力なりだと実感しています。

日本気象の講座を受講して、良かった点は?

実技の問題は記述式なので、練習で問題を解いて解答例と答え合わせをしても、それが正解なのか不正解なのか判断ができません。だから、実技はもちろん、学科でも疑問が出てきた場合には、先生にどんどん質問することで解消していきました。
気象に関する知識はもちろん、答えに必要なキーワードや解答の書き方など、本当に丁寧に教えていただきましたよ。

資格をどのように生かしたいですか?

私は山登りが趣味です。地元の兵庫県内の山々や、時間があるときには各地の山にも出かけています。自然が相手ですので、気象予報は必須です。計画段階での気象予報のほか、実況を把握する方法も深く学習できたので、こういったところで活用したいと思っています。
また、資格をとると気象予報士会という集まりにも参加できると聞きました。アメダスの見学会やさらに深く学習研鑚する会なども開かれるようですので、参加してみたいと思っています。

 
メインコンテンツに戻る